コレステロールは、日々の食事によって変化します。コレステロールの高い血液は、動脈硬化や、高血圧などの原因になることが指摘されています。その為、コレステロール値を下げる食事や運動法などに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。



 コレステロールを下げるといわれている食材は、大豆製品やキノコ、青魚、野菜、海藻、果物などがあげられます。コレステロールを上げないためには、先に上げた食材を積極的に用いた食事をするといいでしょう。


コレステロールの調節に理想的な食事が、和食です。ごはん、サバの味噌煮、冷ややっこ、野菜の煮物、味噌汁、果物といったメニューはコレステロール値が高めの人にはぴったりです。いきなり血糖値が上がらないように、白いご飯よりは雑穀米の方が適しているといいます。



 よほどの和食好きでなければ、時々は和食でないメニューのほうがいいと思うのではないでしょうか。欧米風のパン食でも、コレステロールに気をつけたメニューをつくることは、できない相談ではありません。


例えば、肉類でも揚げたり、焼いたりせず、蒸したり煮たりする事で血糖値を上げにくいメニューになります。あじや高野豆腐、あさりなどもコンソメや、白ワインなどをつかって、上手に味付けすると、飽きずに続けられるのではないでしょうか。


食事の中で、低コレステロールのことだけを優先していると、食事の喜びが減ってしまいます。たまには好きなものを食べる日を設けてもいいでしょう。


月1回、ないし2週に1回くらいが適当な回数です。インターネットなどでも、コレステロールを下げる食事レシピが紹介されていますので、活用してみましょう。