メタボ解消法、予防の決め手は規則正しい生活習慣

メタボ解消法、予防の決め手は規則正しい生活習慣を身に着けることです。朝食を抜くなどの不規則な食事を止めることがメタボリックシンドローム予防の決め手です。

2015年08月


デトックスはダイエットを行ううえで大切なポイントになります。
ダイエット作用を高めるためには、体内に停滞している成分を排出することが重要になってきます。デトックスをしたら、結果的にダイエットになったという人もいます。


体内にある老廃物をスムーズに排出することで、後から取り入れた栄養素を効率よく活用することができます。体にいいダイエットをしたいのであれば、デトックスとダイエットと並行して行うようなやり方が向いているといいます。



 冷え性体質の人や、お通じがよくない人は、ただ食事を減らすようなダイエットをするだけでなく、代謝を上げたり、便秘を解消するようなデトックスもするといいでしょう。


デトックスは、お水を飲んだり、お茶を使ったり、食物繊維を利用したりといろいろな方法があり、バラエティに富んでいます。リンパのマッサージをしたり、岩盤浴などで汗をたくさんかくこともデトックスがあります。


短期間の断食もデトックス効果がありますし、アロマオイルを使うマッサージもいいようです。デトックスによるダイエットの場合、複数の悩みを同時に解消していくことができます。



 具体的にどんなやり方でデトックスをすればいいかは、その人その人の体質や、普段の生活習慣などに関係してきます。冷え性体質、便秘体質、セルライトの増加など、様々な局面に対応しながらデトックスダイエットをしていきましょう。




コレステロールは、日々の食事によって変化します。コレステロールの高い血液は、動脈硬化や、高血圧などの原因になることが指摘されています。その為、コレステロール値を下げる食事や運動法などに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。



 コレステロールを下げるといわれている食材は、大豆製品やキノコ、青魚、野菜、海藻、果物などがあげられます。コレステロールを上げないためには、先に上げた食材を積極的に用いた食事をするといいでしょう。


コレステロールの調節に理想的な食事が、和食です。ごはん、サバの味噌煮、冷ややっこ、野菜の煮物、味噌汁、果物といったメニューはコレステロール値が高めの人にはぴったりです。いきなり血糖値が上がらないように、白いご飯よりは雑穀米の方が適しているといいます。



 よほどの和食好きでなければ、時々は和食でないメニューのほうがいいと思うのではないでしょうか。欧米風のパン食でも、コレステロールに気をつけたメニューをつくることは、できない相談ではありません。


例えば、肉類でも揚げたり、焼いたりせず、蒸したり煮たりする事で血糖値を上げにくいメニューになります。あじや高野豆腐、あさりなどもコンソメや、白ワインなどをつかって、上手に味付けすると、飽きずに続けられるのではないでしょうか。


食事の中で、低コレステロールのことだけを優先していると、食事の喜びが減ってしまいます。たまには好きなものを食べる日を設けてもいいでしょう。


月1回、ないし2週に1回くらいが適当な回数です。インターネットなどでも、コレステロールを下げる食事レシピが紹介されていますので、活用してみましょう。




生活習慣病にならないために、食事を工夫してコレステロールを下げようとする方がいます。食事を用意する時に何に注意をすると、コレステロールを低く抑えることが可能なのでしょう。

 コレステロールの値を下げるために、まずは朝食を和食にしましょう。バターやベーコン、卵を定期的に摂らないようにすることができるからです。


コレステロールの少ない洋食の朝食にしたい場合は、高リノール酸を使ったマーガリンや、脂肪量の少ないハムがおすすめです。肉類を食べるときは、脂肪の多いロース肉やバラ肉などを避け、脂肪の少ないもも肉や鶏肉などを選ぶようにしましょう。


血中コレステロール値や、血中脂質を低くしたい時には、食事では青身の魚を積極的に食べるようにすると効果があります。大豆を使った食材は、飽和脂肪が多くなく、かつ、たんぱく質が得られます。厚揚げ、油上げ、豆腐などを積極的に料理に活用していきましょう。


乳製品を食事に取り入れる場合には、低脂肪のものを選びましょう。乳製品はカルシウムやタンパク質のよい摂取源ですから、定期的に摂ったほうが良いでしょう。


野菜や海藻類はコレステロールを、下げる食事のメニューにはおすすめです。食事の内容を決める時に、意識しておくといいでしょう。



 コレステロールのことを考えるならば、間食には和菓子を選択しましょう。毎日の食事を工夫して、コレステロール値を下げるようにしましょう。



このページのトップヘ