メタボ解消法、予防の決め手は規則正しい生活習慣

メタボ解消法、予防の決め手は規則正しい生活習慣を身に着けることです。朝食を抜くなどの不規則な食事を止めることがメタボリックシンドローム予防の決め手です。

2015年07月


 メタボリック症候群にならないためには、食生活の見直しも大切ですが、運動をすることがとても効果があるのだそうです。



 メタボリック症候群にならないために、予防効果が高いのは、軽い運動を長い時間続けることと、筋肉量を増やし新陳代謝を上げる運動をすることです。なぜかというと、運動することによって体内に蓄積された脂肪分を消費し分解しなければならないからです。


太らないために1日の消費カロリーを増やすことも大事ですが、基礎代謝を上げてカロリーを消費できる体質にしなければなりません。そのためにカロリーを消費するための運動と基礎代謝を上げることができる運動をしなければならないということです。



 体重が増えて太ってくると、どうしても動きにくくなることから、運動することを敬遠しがちになってしまいます。そこを乗り越えなければメタボ体質になってしまうので、日常生活の中でちょっとした工夫をすることで運動するように心がけなければなりません。


例えば、エスカレーターやエレベーターよりも階段を使うようにするとか、電車やバスでの移動を徒歩や自転車などに代えるのもいいでしょう。そうすれば、自然と運動量が増えてきます。


わざわざ時間を作って運動しようと思っても、なかなかできませんが、日常生活の中で工夫すれば、いくらでもできるはずです。そうしてそういう習慣さえつけば、自然にメタボリック症候群の予防ができるというものです。



 運動量が増えてくれば、次は基礎代謝を上げる運動に取り組みましょう。ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などの軽めの有酸素運動が効果があるようです。です。無酸素運動は筋肉への負荷はあるものの、脂肪の燃焼効果が高くないので、有酸素運動を摂りいれるようにしてください。スクワットや腕立て伏せなどで筋肉を強化するのもいいですね。




 最近、メタボという言葉をよく耳にするようになりました。メタボとはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の略称で、厚生労働省のホームページを見ると、次のように説明されていました。


 糖尿病などの生活習慣病は、それぞれの病気が別々に進行するのではなく、おなかのまわりの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が大きくかかわるものであることがわかってきました。



 メタボになる前に何とかしたいですよね。それでは、有効な予防方法のひとつである食事について考えてみます。


 3~6ヶ月かけて、体重を現状から5%減らすことで、メタボリックシンドロームの予防ができるとそうです。体重を減らすのですから、1日に使うカロリー量を越えないように食事の量を加減しなければなりません。ただ、食事の量を減らせばいいというものではありません。栄養のバランスを崩さないように量を減らすことが大切です。さらに、早食いや夜食、そして間食など、内臓脂肪をためやすい食習慣を止めなければなりません。



 肥満体型でも軽度の人や中度の人がメタボリックシンドロームだと診断されやすいそうです。成人男性の1日に必要な消費カロリーは約2000kcalと言われているので、1割減の1800kcalを目標に食事量をコントロールすればいいでしょう。ただ、極端に食事量を減らすよりも、少なくしすぎない方が効果があるようです。



 そして運動の習慣をつけることが重要です。そして、規則正しい生活習慣を身に着けることです。朝食を抜くなどの不規則な食事を止めて、1日3食規則正しく食べること、ゆっくりとよく噛んで食べること、。寝る3時間前には飲み食いしないなどの基本的なことを実践することが、メタボリックシンドロームの予防につながります。



 


 お勧めのブログ
  1.株式投資錬金術は詐欺?てつや式やさしいお金の増やし方 2.驚くべき復縁の仕方とは? 3.ダイエット、5キロ痩せるには 4.楽天市場 買い方、セールなどで上手な買い方をするには? 5.維新流トレード術、8000人以上が購入している投資教材! 6.原田隆史、一流経営者が絶賛する原田隆史の目標達成メソッドとは? 7.セロトアルファ、5つの厳選素材で心と身体をフィット! 8.社長のためのネット集客力養成講座 9.筋肉がつき、基礎代謝も高まる本物のスロートレーニング 10.資格試験の上手な合格法とは?

このページのトップヘ